【DIY部】時速100km出るミニ四駆を作るには?エンジニアの答え(そしてフライング改造発覚)

2016.04.25

こんにちは!

Orange Dream ProjectのDIY部「ガチのエンジニア100km出るミニ四駆を作れるか?」の企画。
前回はメンバー各々がアイデアを持ち寄り時速100km出るミニ四駆を実現させるための作戦会議を行いました。

そして今回は、その会議の続き・・・

DIY部の部長 福永さんによる「100km出すためのミニ四駆セミナー」が開催されましたので、その模様をレポートします。
※そして、最後に・・・フライング改造が発覚!その恐るべき結末についても・・・

 

理論上、時速100kmは可能!

A7586C99-25BA-4421-86F3-161AA8A829C1

ミニ四駆のスピードは
タイヤ円周、モーター回転数、減速比の値で求められます。

ちなみに、

タイヤ円周・・・タイヤの円周
モーター回転数・・・1分間あたりのモーターの回転数
減速比・・・※以下参照

<減速比についての説明>
自転車を例にすると、減速比が1より小さいときはペダルは重いけど進む距離は長く、1より大きい時はペダルは軽いけど進む距離が短い、的な感じです。
減速比が小さければスピードは早いけどパワーが無い、大きければスピードは遅いけどパワーがある。
車で言うと4速が減速比1。5速以上は減速比が1以下になります。

・・・小難しいですね(笑)

つまり、ミニ四駆で100km出したければ、タイヤの大きさ、モーター回転数、ギアの調整次第で「不可能ではない」ということ。
もちろん、空気抵抗や路面抵抗などの「抵抗」は無視した理論上の計算になります。

DSC_0779

ミニ四駆の形状は維持し、時速100kmを目指す!というこだわり

形状を変えないままギアやモーターを改造するのは難しい・・・。
でもミニ四駆の形状は変えたくない!という部長のこだわり。

形状を変えずに100km出る車体を組むのは相当難しいはず・・・

 

・・・という話をしていたそのとき!!!

 

すでに改造したメンバーがいました(フライング改造)

こっそりフライング改造をしてきた人が(白波さん)

しかも、この企画が立ち上がった当初から(フライング気味に)改造をコツコツやってたらしい。
この日、その車体を持ってきていました・・・。

その車体・・・

まず音が違う

パワーありすぎてタイヤが外れるらしい

理論速度74km出るらしい

え・・・100km目指してるのに、すでに74kmまでいってるし。

 

その改造車体を試走させた恐怖の動画はコチラです

早すぎてキャッチできないレベル。

こんなミニ四駆見たことない!

 

今後が楽しみです(笑)

それでは、またレポートします!!

 
■最新情報はツイッターでも配信中!
是非フォローしてくださいね〜♪


 

[お願い]
本企画で行っているミニ四駆の改造についてはプロのエンジニアが安全を考慮した上で行っているものです。
決して真似されませんようご注意願います。