【DIY部】時速100km出るミニ四駆を実現させるための作戦会議!

2016.04.20

こんにちは!

Orange Dream ProjectのDIY部「100km出るミニ四駆をガチのエンジニアが本気でやってみる」のコーナーです。

 

前回までは、

ミニ四駆を買いに行ったり・・・
【DIY部】ミニ四駆を買いに行こう!100km出るミニ四駆を目指す企画2回目

とりあえず組み立ててみたり・・・
【DIY部】ミニ四駆を作ろう!100km出るミニ四駆を目指す企画3回目

などなど、あまり進んでいないように見えますが!
ちゃんと進んでいますよ!

 

今回は・・・本気で100km目指すための「作戦会議」の様子をお届けします。

ロケット花火が出てきたり、新幹線が出てきたり、いろいろと発想豊かな「作戦」が目白押しです!

100km出るミニ四駆を作るための作戦会議

DSC_0777

夜な夜な集まったDIYメンバー。

今日の会議のために、各々作戦を考え、絵に書いてきてもらいました。

さて、どんな作戦が飛び出すのか・・・

 

まずは白波さんの作戦から。

これ、新幹線ですよね?流線型+後輪大径タイヤ作戦

DSC_0774

見るからに新幹線ですね。
限りなく風の抵抗を抑えるためにタイヤをボディに格納、縦長ボディ内に載せれるだけの電池を載せる作戦です。

イラストには書いてませんが、後輪には大径タイヤを使用するとのこと。

 

続いて・・・(新メンバー)河野さん

デュアルモーター&大径スパイクタイヤ&電池たくさん作戦

DSC_0772

モンスターミニ四駆の登場です。みるからに攻撃的。
電池10本積んでますね・・。タイヤにはトゲが。

2つ積まれたモーターでパワーもスピードも確保できそう。

(しかし、2つのモーターを積んでも、片方に寄ってしまうらしく、2つ=2倍にはならないとツッ込まれてました。)

 

続きまして、久木野さん

大径タイヤ&モーター直結作戦

DSC_0769 DSC_0770

大径タイヤ流行ってますね。ここまで3人共に大径タイヤが入っています。

大径タイヤ+モーター直結ということでシンプルですが理にかなった作戦。
モーター直結時のトルク不足をどう補うかが鍵。

ちなみに、大径タイヤ+後輪駆動にすることで小さいタイヤよりもトップスピード時の速度(駆動伝達率)が上がるらしいです。
一方、小さいタイヤはパワーが上がる。

ドラッグレースの車をイメージして頂ければ。

 

さて、続いては、松浦さん

とにかくカッコ良いやつを作る作戦

DSC_0768

F1とかカッコ良いじゃん!だからカッコ良い車は速い!
カッコ良い車を作ります!以上!とのこと。

カッコ良い意外に具体的な作戦が皆無という男前な作戦ですね。

 

そして・・・次は佐土嶋さん。

ロケット花火&ゴムの反動を利用する作戦

DSC_0773

出ました。ミニ四駆界にイノベーションが起きる予感です。絵心も最高。
スタートからの瞬間的なスピードを生むであろうロケット花火とゴムを使用した作戦です。

ロケット花火が逆向きなのをツッ込まれ、たじろいでいましたが、初速のトルク不足を補うナイスアイデアという意見もあり、無きにしもあらずなアイデアです。

 

そして最後は・・・部長 福永さん

大径タイヤ&ギア比調整&モーターパワーアップ&電力UP作戦

DSC_0771

まず絵がうまい!!分かりやすい!

まさに全部入りな作戦です。
4つの要素を組み合わせたうえで100kmを出すとのこと。

しかも、一般的なミニ四駆の外形は残すというこだわりも。さすが部長。

 

メンバーの作戦を良いとこ取りして100km目指します!

さて、いかがだったでしょうか?
奇抜なアイデアも出ていましたが、今回のメンバーの作戦を良いとこ取りして「100km出るミニ四駆」を目指したいと思います!

DSC_0776

 

・・・この作戦会議のあとの出来事・・・

 

なんと先走りしてすでに自作のミニ四駆を持ってきたメンバーがおりました。
ギアを外し、ほぼ直結の状態に組まれたミニ四駆。
タイヤの回転の遠心力でゴムタイヤが外れるほどのパワーを持っていました・・。

その模様は次回!

パワーありすぎて怪我するレベルです・・・。
皆様、真似しないでくださいね!
■最新情報はツイッターでも配信中!
是非フォローしてくださいね〜♪


 

 

それでは、また!

 

 

 

DSC_0778

 

 

[お願い]
本企画で行っているミニ四駆の改造についてはプロのエンジニアが安全を考慮した上で行っているものです。
決して真似されませんようご注意願います。